タレントオーディションの内容や事務所の選び方

実際にタレントオーディションで行われる面接の内容を知っておこう

タレントオーディションの内容や事務所の選び方

花

自己紹介

オーディションの面接では、事前で提出した書類を掘り下げて話します。自分という商品の価値をしっかりと伝えられるよう練習しておきましょう。

フィルム

質疑応答

質疑応答では、提出した書類に書かれていないことも聞かれます。なので、自分自身のことをよく知っておく必要があります。これからどのように芸能生活を頑張っていきたいかなどの夢も聞かれますよ。

女性

自己PR

自己PRはあなたらしさを相手に伝える必要があります。そのためには、男性なのに料理が得意といった意外性を出していくのがおすすめです。そうすることにより、審査員の印象に残ることができるでしょう。書類審査に記載した内容を言ってもいいでしょう。

ウーマン

特技の披露

特技や演技を披露する項目もあります。自分だけができる特技を実際に見せることで、存分にアピールすることができます。演技のリクエストをされることもあります。また、雑誌撮影などに使われるカメラを使用して、実際に撮影を行う事務所もあります。

芸能事務所を選ぶ時に見る大事なポイントランキング

レディ
no.1

有名な所属タレントがいるか

芸能事務所は、有名な所属タレントがいるところを選んだ方がいいです。事務所を選ぶ上で最も重要視すると良いでしょう。知名度の高いタレントがいることにより、事務所自体の知名度も高くなります。多くの仕事が回ってきやすくなります。また、自分がファンである芸能人がいる事務所に入る方もたくさんいます。

no.2

事務所の規模は合っているか

所属しているタレントや、スタッフの数などの事務所の規模を確認します。また、これまでの実績なども確認するといいでしょう。この時に注意してみるのが、スタッフの数の対してタレントの数の割合を確認しましょう。タレントの割合が高すぎると、スタッフの負担が大きく、一人一人の管理が行き届いていないということになってしまいます。

no.3

活動計画がしっかりしているか

事務所に所属しても、その後の活動が不透明な所はやめた方がいいでしょう。事務所の系列の養成所へ通わされることになるというトラブルが起こることも考えられます。トラブルを避けるためにも、活動計画がしっかりしている事務所がいいでしょう。

広告募集中